コロナウィルス

緊急事態宣言で夏休み(お盆)の帰省はどうなる?飛行機や新幹線の混雑は?

緊急事態宣言が出て外出を自粛しなければならない昨今、2020年の夏休み(お盆)はどうなるのでしょうか?

帰省や旅行を考えておられる方も多い事と思います。

そこで今回は緊急事態宣言が発令された今、

夏休み(お盆)の帰省はできる?できない?

飛行機や新幹線の混雑は?

についてお届けします!

夏休み(お盆)の帰省はどうなる?

まず、結果から言うと「禁止されない限り、例年ほどではないがやはり多い」と予測されます。

緊急事態宣言が出ている今ですら「自粛を要請」という形で、強制はできないからです。

夏にどの程度終息しているのかは分かりませんが、今年入ってからずっと「自粛ムード」の日本。

お盆くらい、夏休みくらい良いだろうと考える人も多いと予測されます。

孫の帰省を楽しみにしているおじいちゃん、おばあちゃんの顔を思い浮かべると「帰らない」となかなか言えない部分もあるのではないでしょうか?

(※コロナウィルスの感染を広げない為には自粛された方が良いのはもちろんです。

帰省を肯定するのではなくあくまで予測ですのでご了承下さい。)

今年のお盆のスケジュールは以下の通りです。

お盆休みは8月13日(木)〜16日(日)の4連休ですが、山の日の連休もあります。

8月8日(土)〜10日(月)も3連休ですのでピークは2回ありそうですね。

お盆休み事態をずらしたり、11日、12日もお休みにして9連休の方もおられると思います。

ですのでお盆の混雑期間は8月8日(土)〜8月16日(日)と予測されます。

飛行機や新幹線の混雑は?

飛行機や新幹線もお盆は混雑が予測されます。

新幹線は毎年乗車率150%や200%なんて数字もザラですよね。

今年はそこまでではないのかもしれませんが、チケットを取る場合には早めがおすすめです。

【混雑予想日】

帰省ラッシュ…8月13日(木)の午前中〜15時頃

Uターンラッシュ…8月15日(土)・16日(日)の午前〜夕方

新幹線や飛行機で帰省される方も、マイカーで帰省される方も上記の時間は混雑しますので可能であれば避けられた方が良いでしょう。

特にマイカーの方は15日の夜間も混雑が予測されますので注意が必要です。

JRではみどりの窓口で1ヶ月前からチケットを購入できますし、JRの予約サイト「えきねっと」であればその更に1週間前にチケットを購入する事ができますよ♫

えきねっとはこちら

また、新幹線の場合自由席は必ず混雑します。

小さなお子様連れなど確実に座りたい方は指定席をおすすめします!

飛行機でJALやANAを使う人は予約する日が早いほど割引がききます。

現在コロナウィルスの影響で減便、欠便している状態ですのでお盆も便が通常より少なくすぐに埋まってしまうかもしれません。

ですがコロナウィルスの影響が今後どうなるかでキャンセルしなければならなくなる可能性もありますので、手数料やキャンセル料などの話をきちんと聞いてから予約される事をおすすめします!

JALはこちら

ANAはこちら

まとめ

いかがでしたか?

夏休み(お盆)の帰省はどうなる?

→例年ほどではないがやはり混雑する。

飛行機や新幹線の混雑は?

→8月13日・8月15日・8月16日は混雑する。

早めのチケット購入がおすすめだがキャンセルの場合の話もきちんと聞いた上で決める事がおすすめ。

この記事がお役に立てば幸いです。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

ABOUT ME
アバター
mori
こんにちは!moriです。 当ブログを読んでいただきありがとうございます。 このブログでは日々の生活やインターネット、TVで気になった事をご紹介しております。 ニュース系だけでなく気になる人やイベントなどもお届けします♪ あなたの毎日のちょっとした時間に読んでいただければ幸いです。