子育てや生活の中で気になることや興味のあることを発信するブログ
トレンド

令和の書道家の茂住修身(もずみおさむ)とは?新元号の由来と経緯は?

こんにちは!

moriです。

2019年5月1日の午前0時をもっていよいよ新元号が改められます。

31年続いた平成もいよいよ4月30日まで。

そして本日41日の1140分に新元号が発表されました!

新元号は「令和」(れいわ)です!

 

菅官房長官が発表

由来や決定の経緯は?

画像は安倍総理の記者会見の様子です。

新元号の由来の令和は日本最古の古典であり国書の

万葉集より抜粋し引用されたものでそうです。

「初春の月にして気俶く風

梅は鏡前の粉をひき 欄は諷後の香を薫らす」

込められた意味は安部総理の会見で発表されました。

人々が美しく心寄せ合い文化を育んでいく、文化が生まれ育つ。

希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様と共に作っていきたいという願い。

平和で美しい時代、自然豊かなこの国の国民の幸せを願う。

そんな意味がこめられています。

また万葉集は豊かな国民文化を象徴する書物です。

そこから抜粋することで令和の時代もそうなってほしいという願いもこめられています。

新元号は令和の他にも「平和」「安成」など多数の候補がありました。

なぜ令和になったのか?

その理由は記者会見でも明らかにされませんでしたが、安部総理大臣は

「国民の皆様が心豊かに、幸せな世になるようにと、一番ふさわしい元号

を選定した」

と述べています。

また、「時代を担う若い世代は、明日への希望をもち、それぞれの花を咲かせてほしい」

SMAPの「世界に一つだけの花」を例に出して回答。

新元号を書いたのはだれ?

この達筆な新元号(墨書)を書いたのは

書家の「茂住修身」(もずみおさむ)さんだそうです!

大東文化大学を卒業した書家です。

先週金曜日に官邸を訪れ、新元号を書くリハーサルをしたそうです。

(引用元 FNN)

元号とは?

そもそも新元号って何なんでしょうか?

安部総理は会見の中で「元号とは国民の統一感、受け入れられることで生活に深く根ざすもの」とコメントしています。

日本の元号制度がスタートしたのは飛鳥時代の「大化」からだといわれています。

大化といえば645年~650年ですのでもう1300年以上前からあるものです。

生前退位が話題となっておりますが、天皇の在位中に元号を変更できない「一世一元」のシステムは実は最近で明治以降のものです。

事実、天皇が90代目に対して元号は247も存在します。

諸説ありますが昔は大きな飢饉や災いが起こった際、それをリセットし平和な世を作るために改元をしたといわれています。

歴代最長の元号は皆さんご存知の「昭和」。64年も続いた元号は他にありません。

ちなみに歴代最短の元号は鎌倉時代の「歴仁(りゃくにん)」でわずか74日間だったそうです。

まとめ

いかがでしたか?

すばらしい新元号が決まりましたね。

これからの世の中が平和で幸せ溢れるものでありますように、、、

最後まで読んでくださりありがとうございました。

この記事がお役に立てば幸いです。